投稿日:

様々なトラブルで世間を賑わせたテレクラを思い出してみよう

一時期は非常に世間を賑わせていたテレクラ。すっかりその存在も忘れかけていたという方も多いのではないでしょうか。さて、現在でも営業しているテレクラですが、ここで過去にあったトラブルを思い出してみましょう。そして現在はどうなっているのでしょう。

■未成年の売買春が行われていた
テレクラ最盛期とも言われる1990年代は、未成年者の売買春が特に問題となりました。当たり前ですが売買春は法律によって禁止されています。とりわけ、発達過程にありなおかつ善悪の分別もつきづらい未成年者を用いて売買春を行わせることは卑劣であり非人道的な犯罪です。

■悪の組織とのつながりを断ち切っている
こうした悪いことをするのは、テレクラだけがしていたわけではありません。テレクラのバックには、悪の組織がついており、そこが管理売春の元締めとして機能していたのです。しかし現在では、悪の組織とのつながりは断ち切られていると言われています。

仮につながっていたとしたら、営業が出来なくなってしまう可能性があるからです。

■利用者側にも悪の意識がきちんと根付いている
また、気軽に売買春を行っていたあの頃の利用者とは異なり、現在では利用者側にちゃんと悪の意識が根付いていることも環境の変化といえるかも知れません。マスメディアがこぞって取り上げた以上、悪の意識が根付かないことはおかしいのです。

■安心して利用できるのは過去の反省があったから
こうしてみると、テレクラは過去の反省を十分にしているといえます。売買春という、女性をあたかも商品のように取り扱うような商売は長続きしません。テレクラを安心して利用できるのも、過去の反省があるからといえるのかも知れませんね。