投稿日:

警察とテレクラの関係とは?悪いの?いいの?営業はできるの?

テレクラが一時期、社会的に問題になった理由は「管理売春」が横行していたからです。まじめに商売をしていたところもその巻き添えを食らい、つぶれてしまったところなどたくさんあります。悪いことをしてはいけないというのは小学生でも分かる話ですね。

■警察はテレクラを見張っている
警察は、テレクラを見張っています。といっても常に問題が起きないかと見張っているわけではなく、管理売春が行われている中でテレクラは使われていないだろうかという見張り方をしているのです。いろいろなテレクラが現在でも営業を続けていますから、昔のようなことがオキテもおかしくないという考え方なのでしょう。

■昔のようなことが起きないようにするために
当然テレクラでも、昔のようなことが起きないようにするため様々な対策を施しています。例えば売春の温床となっていた店舗型のテレクラは、すでになくなっているということも一つの例です。いくら利益が上がるからといって、犯罪に手を染めて言い訳ではないという当たり前の考え方がテレクラには十分浸透しています。

■男女がすてきに出会う場所として使うべき
そして利用者たる我々も、テレクラに対する意識を改めなければならないかも知れません。多くの方がすてきな男性や女性と出会う場所としてテレクラを利用されているとは思いますが、なかには違法な目的で利用しようと考えている方もいらっしゃることでしょう。

そのような考え方はすぐに改めてくださいね。

■長く使うためには私たちの意識も大切だ
テレクラというすてきなサービスを残していくためには、利用者たる我々の意識も欠かせません。なにか悪い企みが思いついたとしても、それを実行に移さない誠実さが必要です。