投稿日:

様々なトラブルで世間を賑わせたテレクラを思い出してみよう

一時期は非常に世間を賑わせていたテレクラ。すっかりその存在も忘れかけていたという方も多いのではないでしょうか。さて、現在でも営業しているテレクラですが、ここで過去にあったトラブルを思い出してみましょう。そして現在はどうなっているのでしょう。

■未成年の売買春が行われていた
テレクラ最盛期とも言われる1990年代は、未成年者の売買春が特に問題となりました。当たり前ですが売買春は法律によって禁止されています。とりわけ、発達過程にありなおかつ善悪の分別もつきづらい未成年者を用いて売買春を行わせることは卑劣であり非人道的な犯罪です。

■悪の組織とのつながりを断ち切っている
こうした悪いことをするのは、テレクラだけがしていたわけではありません。テレクラのバックには、悪の組織がついており、そこが管理売春の元締めとして機能していたのです。しかし現在では、悪の組織とのつながりは断ち切られていると言われています。

仮につながっていたとしたら、営業が出来なくなってしまう可能性があるからです。

■利用者側にも悪の意識がきちんと根付いている
また、気軽に売買春を行っていたあの頃の利用者とは異なり、現在では利用者側にちゃんと悪の意識が根付いていることも環境の変化といえるかも知れません。マスメディアがこぞって取り上げた以上、悪の意識が根付かないことはおかしいのです。

■安心して利用できるのは過去の反省があったから
こうしてみると、テレクラは過去の反省を十分にしているといえます。売買春という、女性をあたかも商品のように取り扱うような商売は長続きしません。テレクラを安心して利用できるのも、過去の反省があるからといえるのかも知れませんね。

投稿日:

繁華街には必ずあったテレクラにお客さんが来なくなってしまったわけ

繁華街を歩いても、シャッターばかりが降りてしまい、若い男性や女性の姿は見えても足早に駅やバス停に向かっているという姿をここ数年見かけます。昔はいろいろなお店があったのに、すっかり繁華街には活気がなくなってしまいました。

■昔は繁華街にあったあのお店
繁華街にあったお店と言えば、テレクラも昔は繁華街の中にお店を構えていました。若い方の中にはどうしてと思われるかも知れません。実はテレクラが店舗を構えることによってある狙いがあったのです。

■お客さんが来なくなってしまった理由
それは「よさげな女の子を直接選んでもらうため」でした。中にはエッチなサービスを提供していたお店もあったのです。営業許可を取っているのであればよいものの、テレクラの中には無許可で営業していたところも多く、一時は社会問題になりました。

最初の頃はテレクラという名前も、男女の遊びの道具の一つとして認識されていましたが、時間が経つにつれ「悪いことの象徴」のように扱われてしまったのです。

■もはや店舗を構えることはしない
法律が厳しくなったり、お客さん側の意識の変化により続々と店舗型のテレクラは店を閉めていきました。現在でも営業しているテレクラはありますが、店舗を構えると言うことはほとんどありません。過去の苦い経験から、店舗型のテレクラを作ろうと考えないのでしょう。

■電話だけで利用できるというのはとてもうれしいね
ただ、電話を使ってテレクラが利用できるというのはうれしいことです。店舗型だと誰にも見つからないようにこそこそ入らなければなりませんが、電話ならある意味堂々と楽しめるのですから昔に比べてテレクラを利用するためのハードルは下がったといえるでしょう。

投稿日:

国や自治体も黙ってない!法律を守って安全にテレクラを使おう

一時期未成年者の非行が社会問題になりました。子供たちが考える非行だけならばまだしも、子供を使って何か悪いことをしようと考える大人が入り込むと一気に事情はややこしくなります。そう、善悪の分別がまだつかない子供に対して効果的に健全な育成を促すためには悪い大人から子供を守らなければならないのです。

■国や自治体が動いている
実は未成年者を守るために、国や自治体はいろいろなところで動いています。その代表例としてあげられるのが「各地域に用意されている青少年を守る条例」です。たとえば、未成年者と大人が交際することは少なくとも望ましいことではありません。

そこで条例によってそうした行為に制限をかけることで、子供を守っているのです。

■テレクラもそうした動きにきちんと対応
テレフォンクラブもそうした国の動きや自治体の動きに対応しています。未成年者は利用できないように閉め出すとか、利用者に対して注意喚起をするなど様々な対応を取っているのです。

■テレビニュースに出たくないのであるならば
条例を守らないとどのような罰則があるかと言えば、簡単に言えば逮捕されます。テレビニュースで「学校の先生が逮捕」とか「公務員が逮捕」問言うニュースを目にされたことがあるかも知れません。逮捕されると言うことはあなた自身を苦しめるだけではなく、周りの家族や友人をも苦しめるのです。

■大人のつきあいは大人同士で楽しもう
とかくエッチなつきあいというのは大人同士で楽しむものになります。大人と大人のつきあいというのは、まだまだ子供には分かりません。いろいろな大人がいると言うことを知っている大人だからこそ楽しめる恋愛を、テレクラで探してみてくださいね。

投稿日:

警察とテレクラの関係とは?悪いの?いいの?営業はできるの?

テレクラが一時期、社会的に問題になった理由は「管理売春」が横行していたからです。まじめに商売をしていたところもその巻き添えを食らい、つぶれてしまったところなどたくさんあります。悪いことをしてはいけないというのは小学生でも分かる話ですね。

■警察はテレクラを見張っている
警察は、テレクラを見張っています。といっても常に問題が起きないかと見張っているわけではなく、管理売春が行われている中でテレクラは使われていないだろうかという見張り方をしているのです。いろいろなテレクラが現在でも営業を続けていますから、昔のようなことがオキテもおかしくないという考え方なのでしょう。

■昔のようなことが起きないようにするために
当然テレクラでも、昔のようなことが起きないようにするため様々な対策を施しています。例えば売春の温床となっていた店舗型のテレクラは、すでになくなっているということも一つの例です。いくら利益が上がるからといって、犯罪に手を染めて言い訳ではないという当たり前の考え方がテレクラには十分浸透しています。

■男女がすてきに出会う場所として使うべき
そして利用者たる我々も、テレクラに対する意識を改めなければならないかも知れません。多くの方がすてきな男性や女性と出会う場所としてテレクラを利用されているとは思いますが、なかには違法な目的で利用しようと考えている方もいらっしゃることでしょう。

そのような考え方はすぐに改めてくださいね。

■長く使うためには私たちの意識も大切だ
テレクラというすてきなサービスを残していくためには、利用者たる我々の意識も欠かせません。なにか悪い企みが思いついたとしても、それを実行に移さない誠実さが必要です。