今と昔のテレクラのサービスの違いの比較をしていき、テレクラに興味があるという人により一層の興味を持って頂ければなと考えております。

何でテレクラはなくなった?昔の反省はしているのか!

世間をお騒がせして申し訳ありませんと、いまでは大企業の社長さんまでもが頭を下げる時代です。少し前は、多少悪いことをしたとしても開き直ってそれがなんだという態度を取る人も少なくありませんでした。今求められることは、素直に悪いことを認めて謝る姿勢といえるでしょう。

■一時期の日本はひどかった
いまでこそ、世間様に向かって素直に謝ると言うことが当たり前になっていますが、一時の日本は大変ひどかったといえましょう。平気で法律違反の商売をしているというにもかかわらず、自分たちが悪いのではなく自分たちのサービスを利用する顧客が悪いのだと開き直ってしまう経営者もいました。

基準・テレクラの電話番号 https://maxgroup.jp/

また、自分たちほど正義の商売をしているものはないと豪語しながら、悪事に手を染めていた人もいたわけです。今ではそんなことをしていたら、お客さんは誰も寄りつきませんし警察がすぐに捜査の手をい入れることでしょう。

■多くのマスメディアがこぞって報道した
あの頃は、自浄作用と言うよりもマスメディアが悪いことをしている企業のネタを仕入れてはたくさんの記事を報道していました。マスメディアの報道も今よりも過激で、報道規制がそれほど強くなかったため、一時は行き過ぎた報道が問題視されたくらいです。

しかし、時の総理大臣の不正を暴いたり、大きな会社の中に潜んでいる闇の部分を映し出すなどマスメディアは私たちの社会を変えていた部分を持っていたといえるでしょう。

■ペンの力は剣より強し
そう、ペンの力は剣よりも強いのです。例え悪事を働いている企業の社長が、いくら開き直って見栄を張ったとしてもその化けの皮はまんまとはがされてしまいました。最終的には悪事を働いた企業の社長は、法の裁きを受けて収監されたり相応の罰を受けたりしたのです。

マスメディアが私たちの社会にもたらした貢献は計り知れません。

■いろいろな男性や女性が出会う場所として栄えていた
そんなマスメディアが、平成初期からしばらくのあいだ注目していた業種があります。いわずもがな「テレクラ」のことです。日本全国に店舗を構え、町中の公衆電話ボックスにはテレクラの広告があふれかえっていたあの時代。まじめに利用している人がほとんどではありましたが、中には未成年者の売春行為が目立ち、悪の組織とのつながりが懸念されていました。

今となってはすっかり懐かしい言葉になったテレクラですが、それもこれもマスメディアが、テレクラに隠されていた暗い影の部分を報道したからといえるでしょう。

■反省すべき点も数多く
マスメディアで報道された点は、テレクラにとって反省すべき点であります。「こんなことをしているお店がある」とか「これは法律に違反しているのでは無かろうか」という厳しい批判に対して、誠実に取り組まなかったのがあの頃のテレクラです。

考えてもみれば、全うに商売をしていたとしたら電話というツールが今でもなくなっていない以上、十分に四条を残すことが出来ていたはずでしょう。しかし、現在ではテレクラという言葉が死語に選ばれるくらいですから反省すべき点を当時反省しなかったからこそ、市場を失う結果につながったのかも知れません。

■現在の姿は一体どうなってしまったのだろうか
今回は現在運営を続けているテレクラが、過去の反省をしているのかどうかという点についてお話ししたいと思います。これからテレクラを利用しようという方も、その辺が心配になっているのではないでしょうか。

最新投稿